GREEN_I20140125_TP_V
前回の記事(http://aasarikudo.com/archives/61592849.html本日6/14追記あり)に続き、英検2級二次試験の面接についてまとめます。
今回は、入室してから退室するまでの、面接の具体的な流れについてです。大まかな質問の英文も毎年同じなため予想がつくので記載しました。これさえ頭に入れておけば、次に聞かれることや行うことがわかり、緊張せずに受けられるはず。
あとは意欲をどれだけ見せられるかと、持ってる語彙力で勝負です!


=====
①入室
面接室外にいる係員の指示に従って、入室します。
"Hello."等のあいさつを交わし、面接カードを面接委員に渡します。
"Please sit down."などと指示が出されたら、着席します。

②名前と受験級の確認

"May I have your name?"のように名前を聞かれるので、"My name is ..."のように答えます。
また、ここで簡単なあいさつがあります。このあいさつもアティテュードの採点対象です(アティテュードについては記事の最後に、いかに重要か述べています)。
"What do you usually do on the weekends?" (週末はいつも何をしていますか?)
  ☞"I usually read books at home on the weekends."(週末はいつも家で本を読んでいます。)
"How did you come here?" (試験会場にどうやってきましたか?)
  ☞"I came here by bus."(バスで来ました。)
"Are you a student?" (あなたは学生ですか?)
  ☞"Yes, I am. I'm a high school student."(はいそうです。高校生です。)

③問題カードの黙読

英文(約60語、4~5文)とイラストが印刷された問題カードを手渡されます。
"Now Let's begin the test. First, please read the passage silently for 20 seconds."(ではテストを始めます。はじめに、英文を20秒で黙読してください。)と指示されるので、意味を理解しながら素早く読み進めます。

④問題カードの音読

”Please read the passage aloud.”(英文を声に出して読んでください。)と指示されるので、大きな声でゆっくりと、意味のまとまりごとにイントネーションと区切りに留意しながら、読み上げます。

⑤1つ目の質問
音読を終えると"Now I'll ask you four questions."(これから4つの質問をします。)と言われます。
1つ目の質問は音読した英文に関してです。"Questions. No.1. According to the passage, ...?"といったように英文の内容を問われるので、該当箇所を引用しながら過不足なく答えます。

⑥2つ目の質問

"Please look at the picture, and discribe the situation."(イラストを見て、状況を説明してください。)というように指示されます。
続けて"You have twenty second to prepare. Your story should begin with the sentence on the card."(20秒間準備する時間があります。話はカードにある文で始めてください。)と指示されます。”Please begin.”と言われたら、説明を始めます。

カードにある文に続く2文目は、1コマ目にはほぼ吹き出しの文があるのでそれを引用し、"○○ said to ○○, "(吹き出しの文)"."となります。続けて、イラスト上のコマを繋げている矢印の成句で3文目を始め、2コマ目の左半分の状況を説明し、4文目に右半分の状況を説明します。5文目もまた矢印の成句から始め、3コマ目の左半分を説明、6文目に右半分を説明します。


⑦問題カードを返す

"Now, あなたの名前, please turn over the card and put it down."(では○○さん、カードを裏返し置いてください。)と指示されます。カードに基づいた質問はここで終わり、次の2問はあなた自身のことを問われます。

⑧3つ目のの質問

"Some people say that...What do you think about it?"(...と言う人がいます。あなたはどう思いますか?)といったように、カードのトピックと関係ある事柄についての意見の紹介のあと、意見を求められます。
"I agree/disagree."と同意か否かを述べてから、自分の意見を2文ほどで述べます。

⑨4つ目の質問

"Today in Japan/These days, ....Do you think...?"(今日日本では/近頃では、...。あなたは...だと思いますか?)と、トピックとは関係ない社会性のある話題について尋ねられます。
"Yes, I think so./ No, I don't think so."と答えると、"why?/Why not?"と理由を聞かれるので、2文程度で答えます。

⑩退室
試験が終了したら、問題カードを面接委員に返します。"You may go now."などと言われるので、"Thank you. Good-bye."等とあいさつし、退室します。

★コツ★
アティテュードという、意欲・態度の採点項目があります。
なので、面接委員の話をよく聞き自分も伝えようとする意欲を見せること、つまり話すときには大きな声でハキハキと話すことが重要だと思われます。
質問がわからなかった場合に、自然に聞き返すことは減点対象にはならないので、黙りこくらずに聞き返しましょう。そしてあえて難しい言い回しをしようとせず、知っている語句を駆使して、堂々と答えましょう。

===
参考サイト              
日本英語検定協会|2級試験内容
http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/detail.html
参考文献
2016年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社、2016/2/29)

2016年度版 英検2級 過去6回全問題集CD (旺文社、 2016/2/29)